行政書士について

  •  
  •  
  •  
  •  

行政書士の資格の取り方

皆さんは、行政書士の仕事がどんなものか知っていますか。
詳しく説明すると難しいのですが、
簡単に言うと行政書士は、役所などに届けを出さないといけない書類を、
代わりに書いて出してくれる職業です。

 

役所に出さなくちゃいけない書類あるんだけど、
内容が難しくてうまく書けない様な場合などに
助けてくれる法律にかかわる文章作成のプロフェッショナルです。

 

今、この行政書士は、人気の職業のひとつです。
年収は、稼いでる人で、平均で500万円ほどから、
何千万と稼ぐ人もいます。

 

もちろん、個人差があり、皆が皆、稼げるものでもありません。
経験を積めば、独立をすることも出来ます。

 

行政書士になるためには、年一回実施される、
国家試験を受からなくてはいけません。

 

大人であれば基本的には誰でも試験を受ける事ができます。

 

ですが、合格率も低く、簡単にはなれません。

 

目指し方は、人それぞれです。大学で法律を学びながら、
受ける人もいれば、民間のスクールで勉強する人もいます。
中には、教材を使って、独学で目指す人もいます。

 

独学なら、主婦でも取ることが可能ですし、
スクールで学ぶよりも出費が抑えられます。
ですが、やはり、法律の勉強をする事になるので、教材を選ぶなら、
しっかりとサポートしてくれるものを選びましょう。

 

行政書士と言う仕事は、なるのも大変ですし、
目立った仕事ではありませんが人を助ける大事な仕事の一つです。

 

もし、これから資格の取得を目指そうとしている人は、
この仕事がどういう物か、もう一度しっかりと理解しておきましょう。

関連記事

行政書士メニュー

行政書士の資格や勉強法について、行政書士に関することなら何でもお答えします。