行政書士について

  •  
  •  
  •  
  •  

行政書士はいろいろな書類を作成する専門家です

行政書士は、いろいろな書類を作成する専門家です。
なお、行政書士は国家資格で、資格を取得しないと業務ができないです。
そして、この資格は相当難関な資格です。

 

しかし、難関な資格を合格してこそ、価値があります。
試験内容は、法律全般と一般常識です。法学部の学生なら、
いざしらず法律用語は難しいので一般の人が勉強するのは、
通信教育か通学ということになります。

 

まず、行政書士の資格をとるための学校選びをして、
あとは試験を合格するために勉強あるのみです。
なお、社会人の方で勉強される方は、
時間がないと考えられますのでお昼休みとか、
通勤電車の中とか隙間の時間を勉強時間にあてることが必要です。

 

さらに、会社に行く前に勉強されるとよいです。

 

なぜならば、会社にいって仕事をすると疲れて勉強どころではなくなるからです。
1回で合格すればいいのですが、
難関なので数年かかるかもしれないですががんばるべきです。

 

なかなか試験に合格できないので、
合格後の進路が明るいからです。
なお、すでに定年した方で人脈と財力があればすぐにでも開業が可能かもしれないです。
ちなみに、インターネットを使えば、お客様も見つかる可能性があります。
なお、法学の学生であれば、行政書士の資格をもって法律事務所で修業をするということもできます。
社会人の方は、行政書士の資格がいかせる職場に転職が可能です。
そこで、みっちり実務を勉強して、ゆくゆくは開業という流れになるはずです。

関連記事

行政書士メニュー

行政書士の資格や勉強法について、行政書士に関することなら何でもお答えします。