行政書士について

  •  
  •  
  •  
  •  

行政書士の資格取得について

行政書士とは、官公署に提出する書類を本人に代わって作成し提出したり、
認可申請の代理人となったり、
書類の作成に関する相談を行ったり、
契約書等の書類を代理人として作成したりするという仕事のことです。

 

ちなみに行政書士の資格は難易度が高い国家試験ということで、
この資格を取得しておくと大手の企業などで需要があります。

 

試験の内容は、業務を行っていくうえで必要な法令や、
業務に関する一般知識などの問題です。

 

法令では憲法、民法、商法、行政法、基礎法学が、
一般知識では政治、経済、社会、個人保護法、情報通信、
文章理解について出題されます。

 

この試験は合格率が10%以下で低いと言うのもありますが、
どれも行政書士になるために必要なことなので、
日頃から勉強をしていないと合格できません。
それに、長い時間をかけてしっかりと勉強しておかないと、
もし試験に合格して資格を取得しても、それを仕事に活かすことが難しくなるので、
しっかりと学んでおく必要があります。

 

そして、試験に受かった方はもちろんですが、
弁護士、弁理士、公認会計士、税理士となる資格があるかということや、
20年以上公務員として行政事務で働いた経験のある方も、
行政書士となる資格を持っています。

 

民法、会社法を基にして商取引が行われているので、
行政書士の知識は総務、管理、法務などの部署で必要となります。
このように、この資格を取得するとメリットがあるので、
興味を持っている方は試験を受けてみても良いでしょう。

関連記事

行政書士メニュー

行政書士の資格や勉強法について、行政書士に関することなら何でもお答えします。