行政書士について

  •  
  •  
  •  
  •  

行政書士は私たちの身近な代書屋さんです

私たちが社会で生活していると官公署に提出する
書類を作成しなければならないことがあります。

 

ですが私たちはそのような書類を書き慣れていませんから、
どう書いていいか迷うことがあります。官公署に提出する書類ですから、
間違いがあってはいけないものです。

 

ですから適当には書けませんから余計に難しいものです。
そんな時には行政書士に書類を代わりに作成してもらって提出してもらうのがベストです。

 

行政書士とは官公署に提出する書類を依頼者の代わりに作成し提出してくれる人のことです。
行政書士になるには国家試験に合格しなくてはならないです。

 

国家試験ですから難易度は高いものです。
受験資格は特に制限はないです。

 

ですが高校卒業程度の知識は必要になってきます。

 

憲法、民法、行政法、商法というように幅広い法律に関する知識が求められます。
法律は私たちの社会を網の目のように覆っていますが、
法律の知識はなかなか持っていないものです。
ですから法律の勉強が一番難しいものになることになります。

 

この試験は年々難易度が高まっています。
合格するためには相当の勉強が必要になります。

 

ですが合格さえしてしまえば官公署に提出する書類を
代わりに作成することができ提出することができるのです。

 

官公署に提出する書類には専門用語もたくさん書いてありますので、
素人が書類を作成するのは難しいものです。
ですが行政書士という頼りになる代書屋さんが居れば心強いものです。

関連記事

行政書士メニュー

行政書士の資格や勉強法について、行政書士に関することなら何でもお答えします。