行政書士について

  •  
  •  
  •  
  •  

行政書士の試験について

行政書士は、一番身近な法律の専門家ということができます。
身近な例をあげてみると、行政書士は、クーリングオフの相談などにものってくれます。
行政書士になるには11月にある行政書士試験に合格する必要があります。
合格すれば、即開業できる資格とされているので、魅力を感じる人が多いです。
また、資格をとる勉強の過程で、日常生活に必要とされる基本的な法律を知ることができるのも
大きなメリットであるということができます。

 

司法書士や、弁護士などの上位資格を取りたい人が、
その向き不向きをはかるために行政書士試験の勉強から始めてみる、
といったケースもあります。
確かに言えるのは、その勉強を始めてみることで、
近寄りがたい印象のあった法律が、意外と身近なものであったり、
柔軟性に富んだものであったりすることに気が付くことができるという点です。

 

法律に興味はあるけどどこか近寄りがたくて迷っている、
というような方は、まず手始めにここから始めてみては如何でしょうか。

 

試験はざっくりと分類すると、法令と一般知識のマークシート問題と、
記述の問題に分かれています。一見、幅広い勉強に
取り組まなければ無理だと感じてしまうかもしれませんが、
実際には一般知識の問題を6問以上正解し、
得点が300点満点中の180点以上であれば合格、というのが条件なので、
自分の得意不得意に応じて、いくらでも戦略を考えることができる試験です。

 

例えば、民法と行政法、商法をきちんと押さえておけば、
記述問題が全くできなくても合格の可能性があるのです。
つまり、すべてを完璧におさえようという発想ではなく、
合格を目標に戦略的に受験することが可能なのです。
そうした事を詳しく理解するためには、
行政書士の通信講座を受講したり、予備校に通学すると良いでしょう!

関連記事

行政書士メニュー

行政書士の資格や勉強法について、行政書士に関することなら何でもお答えします。