行政書士について

  •  
  •  
  •  
  •  

行政書士という職業について

行政書士は官公署や行政機関への許可・認可に関する行政書類・権利義務・事実証明に関する書類の作成や代理提出を行います。
取り扱える書類の数はとても多く、現在は1万種類を超え、
これからも増え続けると言われています。

 

メインの仕事は『顧客のと打ち合わせ』です。
顧客から仕事を取ってきて、顧客が抱える問題を迅速に解決するための提案をします。

 

法律を扱うサービス業であると言えます。

 

行政書士になるためには試験に合格しなければなりません。
試験は毎年11月の第2日曜日の年1回です。資格は特にありません。

 

年齢・性別・学歴問わず誰でも受験することができます。

 

科目は法令科目(憲法・民法・行政法・商法・基礎法学)と
一般知識(政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解)があります。

 

難易度は高いので、独学よりも通信・通学で勉強するほうが効率が良いです。

 

また、勉強する上で『行政書士になって何がしたいのか、どうなりたいのか』といった
理由や目的が無ければ途中で挫折することが多いです。

 

行政書士の場合、どこかの事務所に就職するよりも独立開業する人のほうが多いです。
初期投資はほとんど必要なく、『自分で稼ぐ』という意識と努力が必要です。

 

サラリーマン的な感覚が抜けない人には向かないかもしれません。
行政書士として独立開業し、成功したいのであれば、
今後も伸び続けることが期待できて顧客のターゲットが広く、
ライバルの少ない分野に参入することです。

関連記事

行政書士メニュー

行政書士の資格や勉強法について、行政書士に関することなら何でもお答えします。